AnelaとゎHAWAII語で「天使」
3年間の不妊治療を経てAnelaを授かったものの流産。
その後3年間自由気ままに暮らし
2011年7月に凍結胚移植でAnelaを再度迎えました。
<< 嚢腫見つかったついでに再開 | main | 移殖周期突入 >>
卵巣嚢腫その後
5/28 再びクリニックへ。

 4月の健康診断で発見された卵巣嚢腫は無事モヤモヤと消え去った。
この日のドクターはお久しぶりなKドクター。

3年前は少し声が小さくオドオドしたかんじに見えたドクターも
なんか少し明るくなって接しやすい印象がした。

今回はこのままKドクターに任せてもいいな〜なんて思ったりも。

嚢腫が消えたんで、問題なく治療再開することに。

基礎体温もなにもしてないし、凍結しているタマゴチャンをすぐさま戻すことにした。


ということで、今はもう高温期なはずなんだが
次、リセットしたら移殖周期となりまする。


2日目から貼り薬のエストラーナが始まります。
さぁて・・・がんばるか。

Anela、お迎え準備始めます。待っててね。
16:26 / 治療再開準備期間 / - / -
スポンサーサイト
16:26 / - / - / -
Ranking
Ranking参加中
応援クリックお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログへ
Info
Anelaが来るまでの不妊治療日記はLinkにあります
リトル*キングダムへ。
2008年に一度お空に還ったAnelaが
2011年に戻ってきてくれました
AnelaへのメッセージやAnelaとの生活などなどを
のんびり綴っています。
記念日カウントダウン

Now of baby
qrcode